動脈硬化 対策 サプリ

動脈硬化の対策になるサプリを徹底比較!

血行不良改善サプリ

体内の血管が硬くなってしまい脳梗塞や脳卒中といった体に様々な悪影響を及ぼす「動脈硬化」。動脈硬化対策には「DHA」や「EPA」が有効的な栄養素だということをご存知でしょうか?DHAやEPAはどちらもイワシやサバなどの魚にだけ含まれており、体内で作ることができない為、常に食べ物から摂取しなければなりません。

 

DHAやEPAの理想的な摂取量は、1日1gと推奨されていますが、魚離れが進んでいる現代人にとっては今までの食習慣を急に変えるのはなかなか難しいことですよね。そんな時はサプリメントで不足している栄養素を補って動脈硬化対策をしていく方法がおすすめです。
そこで、DHAとEPAを気軽に摂取することができる評価の高いサプリメントを集めたので、購入前に参考にしてみてください。

 

動脈硬化対策になるDHA・EPAサプリのおすすめを紹介

動脈硬化の対策になるDHA・EPAサプリの特徴を紹介します。

 

きなり

きなり

価格 初回1,980円
評価 きなりの星
備考 人気ナンバーワン。総合評価は1位

 

きなりはリピート率90%超えのDHA・EPAサプリメントの中でも特に人気の高い商品です。魚油からDHAを精製する過程では、薬品を使っておらず、天然の成分で作られているので、子どもからご年配の方まで安心して使用することができます。また15日の返金保証キャンペーンもついているので、動脈硬化対策として初めてサプリメントを使用してみたい方にもおすすめです。

 

ボタン

 

DHA&EPAオメガプラス

みやび

価格 初回1,666円
評価 みやびの星
備考 αリノレン酸配合でEPA最多

 

オメガプラスはDHA・EPAはもちろんのこと、血液の循環を良くする「スワレン」やコレステロール値を下げてくれる「亜麻仁油」も配合されており、大変コストパフォーマンスの高いサプリです。また、DHA・EPAサプリメントは「魚臭さがするのではないか」と心配される方が多くいますが、オメガプラスは魚の味も一切しない為、魚嫌いの方でも安心して毎日飲むことができます。

 

ボタン

 

ルックルック

ルックルック

価格 ずっと2,160円
評価 ルックルックの星
備考 製法や品質にこだわり。クオリティ重視の人向け

 

DHAやEPAは魚油に含まれるため酸化しやすい性質にありますが、ルックルックは特許をとった酸化に強い方法「ハイブリット抽出」を使用している為、無添加で新鮮な状態を保った油を使っていることが特徴的です。また、原材料は本当に新鮮なマグロの頭だけを使っており、ビタミンDやビタミンEなどの栄養素も豊富に含まれているのも嬉しいサプリメントです。

 

ボタン

 

動脈硬化対策にDHAとEPAがいいのはなぜ?

動脈硬化によって血管が硬くなると、血液の循環が悪くなり、心臓や脳に負担をかける為、体にさまざまなリスクをもたらします。そもそも、なぜ血管は硬くなってしまうのでしょう。その原因は「中性脂肪」や「悪玉コレステロール」がたまってしまうことにあります。一般的には、中性脂肪も、悪玉コレステロールも、体内の血液中を循環しながら生体機能を保っていますが、乱れた生活習慣などによってこれらが増えすぎると血がドロドロになってしまいます。
それにより、血管が詰まり始め、動脈硬化が進行していくのです。
DHA・EPAは「中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす」作用がある為、日常生活で効果的に摂取することによって血液をサラサラにし、やわらかい血管を保つことができます。

 

DHAとEPAの違いとは?

DHA・EPAはどちらも動脈硬化対策に有効な栄養素ですが、その効果には違いがあります。主な違いは「血液をサラサラにする効果」はEPAの方が高く、「脳の血管に働きかける効果」はDHAだけだということです。

 

EPAの作用は第一に血管や赤血球の細胞膜に働きかけ、血栓や中性脂肪が体の中にたまるのを抑制することです。DHAにも血液をサラサラにする効果はありますが、EPAの方が効果は高いと言われています。
一方、DHAには脳や目の網膜に効果があるので、記憶力や視力を高め、脳梗塞のような脳の病気にかかりにくくする作用があります。脳の入り口には血液脳関門(けつえきのうかんもん)というものがあるのですが、DHAは突破できても、EPAは突破できない成分なのです。
ですので、DHAとEPAを一緒に摂取することにより、効率的に動脈硬化対策をすることができます。
サプリメントを選ぶ際はDHA・EPAの両方が含まれているものを選ぶといいでしょう。

 

動脈硬化対策にはナットウキナーゼも有効

DHA・EPAと同様、「ナットウキナーゼ」にも動脈硬化対策に効果があることで注目されています。ナットウキナーゼは納豆のネバネバに含まれる酵素であり、納豆以外からは摂取することができません。
動脈硬化が進行すると血管の中に血液のかたまり「血栓(けっせん)」ができやすくなりますが、ナットウキナーゼはこの血栓を直接溶かしたり、防いだりする働きがあります。
血栓を解消するだけでなく、血行を促進して血液をサラサラにする効果がある為、DHAやEPAと一緒に毎日の食事に取り入れていくことが望ましいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?「動脈硬化」は自覚症状を感じないものの、すべての人に起こりうる危険な病気です。知らず知らずのうちに動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳卒中といった心臓や脳の病気を引き起こす原因になってしまう為、日頃から食事やサプリメントで動脈硬化対策をしていく必要があります。