動脈硬化 対策 サプリ

動脈硬化の対策になるサプリ!

体内の血管が硬くなってしまい脳梗塞や脳卒中といった体に様々な悪影響を及ぼす「動脈硬化」。動脈硬化対策には「DHA」や「EPA」が有効的な栄養素だということをご存知でしょうか?DHAやEPAはどちらもイワシやサバなどの魚にだけ含まれており、体内で作ることができない為、常に食べ物から摂取しなければなりません。

 

サプリ

 

DHAやEPAの理想的な摂取量は、1日1gと推奨されていますが、魚離れが進んでいる現代人にとっては今までの食習慣を急に変えるのはなかなか難しいことですよね。そんな時はサプリメントで不足している栄養素を補って動脈硬化対策をしていく方法がおすすめです。そこで、DHAとEPAを気軽に摂取することができる評価の高いサプリメントを集めたので、購入前に参考にしてみてください。

 

動脈硬化対策になるDHA・EPAサプリのおすすめを紹介

サプリ

 

動脈硬化の対策になるDHA・EPAサプリの特徴を紹介していきます。当サイトでは、DHAやEPAが配合されているサプリが動脈硬化対策に一番近いサプリと考えていますが、市販品を含めDHAサプリはかなりの数が出回っています。しかし、せっかく購入しても効果が出なくては意味がありません。そこで、当サイトでは一定のクオリティを備えた高品質サプリを中心にピックアップし、比較しています。まずは比較結果を紹介します。

 

表02

 

さかな暮らしダブル

さかな暮らし

 

さかな暮らしダブルはマイケアというメーカーが製造しているDHA・EPAサプリです。特徴はEPA(エイコサペンタエン酸)の配合量がかなり多く600rも配合されている点です。

  • EPA600r
  • DHA260r
  • 1日あたりコスト90円
  • 全額返金保証付き(1ヶ月)
  • 抗酸化対策バッチリ
  • 吸収率対策もOK
価格 2,721円
評価 さかな暮らしの星
備考 EPA配合量が圧倒的な特化型サプリ

 

さかな暮らしダブルの総評

 

さかな暮らしダブルはほかの動脈硬化対策サプリに比べて圧倒的にEPAの配合量が高い点が評価されています。DHAもEPAも動脈硬化対策として効果のある成分ですが、特にEPAの方が効果的と言われています。なぜなら、EPAの方が、血中の中性脂肪値やコレステロール値を低減させる効果が高いからです。中性脂肪値やコレステロール値が低下することで、血液がサラサラの状態になり、血栓ができにくくなったり、動脈硬化が発症しにくくなります。

 

魚ぐらし02

 

さかな暮らしダブルはEPAとDHAが大容量の高品質サプリですが、価格帯はそれほど高く設定されていません。縛りなしの定期購入の場合で2,721円と1日あたりコストはわずか90円と100円を切ります。しかも、動脈硬化対策サプリの中では珍しく全額返金保証がついている上、保証期間が1ヶ月と長いのでかなりユーザーに寄り添ったサプリに仕上がっているといえます。公式サイトで購入しないと1日あたり90円にはならないのと、全額返金保証がつかないので気をつけてください。

 

ボタン

 

きなり

きなり

 

きなりはトータルバランスに優れたDHA/EPAサプリで、動脈硬化対策サプリとしてもとても優秀です。DHA,EPA配合量ではきなりよりも多いサプリはありますが、補助成分の効果をかみして考えた場合、動脈硬化対策としてもともて効果的なサプリだということがわかります。

  • EPAの10倍の効果があるDPA配合
  • ナットウキナーゼ配合
  • DHA、EPAので計500r
  • 抗酸化対策
  • 吸収率アップ対策
  • 1日あたりコスト126円
  • 全額返金保証付き(15日間)
  • マルハニチロと提携
  • GMP認定工場で生産
価格 初回1,980円
評価 きなりの星
備考 人気ナンバーワン。総合評価は1位

 

きなりの動脈硬化対策としてのポイントは、DHAやEPAが高配合という点もそうですが、なんといっても補助成分の充実さ。補助成分のDPA(ドコサペンタエン酸)はEPAの10倍もの働きが期待できる成分で、血液をサラサラにする効果が高いのです。加えて、納豆でおなじみのナットウキナーゼを配合してあるので、さらに血液の粘性を低下させる機能が高まります。つまりDHA+EPA+DPA+ナットウキナーゼというアプローチで、他の動脈硬化対策サプリにはない効果を実現できています。

 

きなり02

 

魚油由来のDHA・EPAは酸化に弱いので気をつけなければなりませんが、きなりにはクリルオイルが配合されているので、アスタキサンチンによる抗酸化対策がしっかり行われています。また、クリルオイルのおかげで成分の吸収率も高められています。

 

きなりはリピート率90%超えのDHA・EPAサプリメントの中でも特に人気の高い商品です。魚油からDHAを精製する過程では、薬品を使っておらず、天然の成分で作られているので、子どもからご年配の方まで安心して使用することができます。

 

高品質サプリの割には値段も抑えてあり、縛りなしの定期購入で3,790円。1日あたりコストはわずか126円と飲み物1配分より安いです。しかも、定期初月は1,980円で試すことが可能。加えて、15日の返金保証キャンペーンもついているので、動脈硬化対策として初めてサプリメントを使用してみたい方にもおすすめです。定期購入の割引も全額返金保証も公式サイト経由で購入した人のみの特典です。

 

ボタン

 

DHA&EPAオメガプラス

みやび

価格 初回1,666円
評価 みやびの星
備考 αリノレン酸配合でEPA最多

 

オメガプラスはDHA・EPAはもちろんのこと、血液の循環を良くする「スワレン」やコレステロール値を下げてくれる「亜麻仁油」も配合されており、大変コストパフォーマンスの高いサプリです。また、DHA・EPAサプリメントは「魚臭さがするのではないか」と心配される方が多くいますが、オメガプラスは魚の味も一切しない為、魚嫌いの方でも安心して毎日飲むことができます。

 

ボタン

 

ルックルック

ルックルック

価格 ずっと2,160円
評価 ルックルックの星
備考 製法や品質にこだわり。クオリティ重視の人向け

 

DHAやEPAは魚油に含まれるため酸化しやすい性質にありますが、ルックルックは特許をとった酸化に強い方法「ハイブリット抽出」を使用している為、無添加で新鮮な状態を保った油を使っていることが特徴的です。また、原材料は本当に新鮮なマグロの頭だけを使っており、ビタミンDやビタミンEなどの栄養素も豊富に含まれているのも嬉しいサプリメントです。

 

ボタン

 

動脈硬化血管事故の原因

 

動脈硬化自体が死に至るわけではありませんが、動脈硬化は死に直結する重病を招く可能性のある症状なのでできるだけ早いうちから対策をするのがベストです。動脈硬化は加齢による血管の老化に加え、高血圧や脂質の異常、高血糖などの生活習慣病や、喫煙、運動不足、ストレスといったさまざまな要素が絡み合って引き起こされる血管の状態です。

 

そんな動脈硬化は、日本人の三大疾病(がん、心臓病、脳卒中)のうち心臓病と脳卒中の引き金になる症状です。心臓病と脳卒中が原因で年間に30万人が死亡しているという統計もあります。もとをたどれば動脈硬化が引き金になっているわけで、動脈硬化こそが”血管事故”を引き起こす間接的な原因。そのため、動脈硬化対策としてサプリなどの予防の大切さが見直されてきました。

 

ただ、動脈硬化が原因となる血管事故自体は低下傾向にあります。医療技術の進歩により、動脈硬化の対策も徐々に整備され、検査の制度の向上、そして検査の普及によって効果的な薬や技術も確立され始めました。動脈硬化対策にサプリが利用され、予防に一役買っていることもあります。

 

しかし、喜んでばかりもいられないのが実情です。動脈硬化によって脳卒中が引き起こされた人たちに後遺症が残ってしまい、苦しんだり、周囲の人達の負担が増すといった状況も生まれており、必ずしも手放しで喜べない状況なのです。自分だけでなく周囲の人達も巻き込んでしまう病気は予防するのがやはりベスト。動脈硬化が心配なら、当サイトで紹介している対策サプリを利用してみるといいでしょう。

 

動脈硬化が引き起こす心臓病・脳卒中

 

動脈硬化が引き金になって引き起こされる心臓病や脳卒中。医療現場に立つ人たちにとって、心臓病や脳卒中が発症して一命をとりとめた人たちに話を聞くと、ある共通点が有るといいます。それは「まさか自分が」とまったく病気で倒れると思っていないということ。心臓病や脳卒中は急性の病気で、毎日元気に過ごしている人でも突然倒れるかもしれないのです。

 

こういった話は、動脈硬化対策がいかに難しいかを物語ります。しかし、よく考えてみてください。確かに、動脈硬化は普段からじわじわと症状が進むため、ある日突然発症するという病気ではありません。つまり、動脈硬化の対策とは予防がベストになるということ。悪化してしまうと急性の病気を引き起こして倒れてしまうなら、悪化する前に症状を改善させておけばいいのです。当サイトで動脈硬化対策としてサプリを紹介しているのはそういった理由からです。

 

動脈硬化の予防対策としてはいろんな方法がありますが、一言で言えば生活習慣を改善することが大切。特に食事をみなすことは重要です。しかし、長年の蓄積のある習慣をいきなり変えるのは難しいものです。そこで多くの人が動脈硬化対策として取り入れ始めているのが、サプリです。動脈硬化の原因となる中性脂肪や悪性コレステロールを少なくする効果のあるサプリを動脈硬化対策として取り入れて、食習慣の改善をサポートしているわけです。

 

動脈硬化と血管年齢

 

動脈硬化の対策として、食習慣を始めとする生活習慣の改善や、サポートするサプリが有効です。しかし、動脈硬化の対策をしていく上で、どういった考え方がベースにあるべきか、ということも考えて置かなければなりません。動脈硬化を引き起こす原因となるのは、高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病なので、まずは健康診断を受けて血圧や血糖値、血中コレステロール値や中性脂肪値を把握することから始めましょう。そして、血管を若く保つ”血管のアンチエイジング”を意識して毎日を過ごすことが大切です。その中で、当サイトで紹介している動脈硬化対策サプリも有効です。

 

最近では”血管年齢”という言葉も生まれ、血管の状態が年齢相応なのかどうかを気にかける人が増えています。血管の硬さは、年齢とともに比例して固くなるといわれています。つまり、血管年齢が高いと、動脈硬化になりやすく、血管事故に見舞われる可能性が高まります。逆に実年齢よりも血管年齢を若く保つことで、動脈硬化を防ぐことになり、病気への不安もなくなります。血管年齢を若く保つためにも、普段の食事に気をつけながら、動脈硬化対策サプリを活用して安心した毎日を過ごせるとベストですね。

 

血管年齢を調べる方法

 

外から見えない血管。血管年齢なんてどうやって調べられるのか。年1回の健康診断でいろんな数値を見ながら自分で判断しなければならないのでしょうか?

 

実は血管年齢を調べる方法があります。血管の状態を客観的な数値で教えてくれる指標が「加速度脈波加齢指数」。動脈硬化対策を考えている人は、サプリを使う前に一度測定してみると良いかもしれません。

 

心臓は毎分80回ほどの収縮と拡張を繰り返して、全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。加速度脈波計という精密機械は脈拍を波形として表現してくれます。

 

動脈硬化対策にDHAとEPAがいいのはなぜ?

動脈硬化によって血管が硬くなると、血液の循環が悪くなり、心臓や脳に負担をかける為、体にさまざまなリスクをもたらします。そもそも、なぜ血管は硬くなってしまうのでしょう。その原因は「中性脂肪」や「悪玉コレステロール」がたまってしまうことにあります。一般的には、中性脂肪も、悪玉コレステロールも、体内の血液中を循環しながら生体機能を保っていますが、乱れた生活習慣などによってこれらが増えすぎると血がドロドロになってしまいます。
それにより、血管が詰まり始め、動脈硬化が進行していくのです。
DHA・EPAは「中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす」作用がある為、日常生活で効果的に摂取することによって血液をサラサラにし、やわらかい血管を保つことができます。

 

DHAとEPAの違いとは?

DHA・EPAはどちらも動脈硬化対策に有効な栄養素ですが、その効果には違いがあります。主な違いは「血液をサラサラにする効果」はEPAの方が高く、「脳の血管に働きかける効果」はDHAだけだということです。

 

EPAの作用は第一に血管や赤血球の細胞膜に働きかけ、血栓や中性脂肪が体の中にたまるのを抑制することです。DHAにも血液をサラサラにする効果はありますが、EPAの方が効果は高いと言われています。
一方、DHAには脳や目の網膜に効果があるので、記憶力や視力を高め、脳梗塞のような脳の病気にかかりにくくする作用があります。脳の入り口には血液脳関門(けつえきのうかんもん)というものがあるのですが、DHAは突破できても、EPAは突破できない成分なのです。
ですので、DHAとEPAを一緒に摂取することにより、効率的に動脈硬化対策をすることができます。
サプリメントを選ぶ際はDHA・EPAの両方が含まれているものを選ぶといいでしょう。

 

動脈硬化対策にはナットウキナーゼも有効

DHA・EPAと同様、「ナットウキナーゼ」にも動脈硬化対策に効果があることで注目されています。ナットウキナーゼは納豆のネバネバに含まれる酵素であり、納豆以外からは摂取することができません。
動脈硬化が進行すると血管の中に血液のかたまり「血栓(けっせん)」ができやすくなりますが、ナットウキナーゼはこの血栓を直接溶かしたり、防いだりする働きがあります。
血栓を解消するだけでなく、血行を促進して血液をサラサラにする効果がある為、DHAやEPAと一緒に毎日の食事に取り入れていくことが望ましいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?「動脈硬化」は自覚症状を感じないものの、すべての人に起こりうる危険な病気です。知らず知らずのうちに動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳卒中といった心臓や脳の病気を引き起こす原因になってしまう為、日頃から食事やサプリメントで動脈硬化対策をしていく必要があります。